本文へジャンプ

“福祉マネジメント”の目から地域を創造し、未来をみすえる。

少子高齢化が進む現代に生きる私たちにとって、老いても、障がいがあっても、誰もが住み慣れた地域で安心して幸せに暮らせる福祉社会の実現は究極の課題です。本コースでは、誰もが尊重されるコミュニティづくりを目指し、福祉社会のシステムや制度を設計・マネジメントする能力を身につけた人材を養成します。福祉を体系的・実践的に学び、地域の人々の声を聞き、コミュニケーション力を磨きます。

地域の声に耳を傾け福祉課題に果敢に取り組む。

社会福祉制度は、高齢者、子ども、障がいのある人、貧困に苦しむ人、育児や介護をしている人など誰もが安心して暮らすために人類が作りあげてきた仕組みです。「地域で豊かに暮らす」「住民自らが自らの福祉をつくる」ことを基本に、学際的な視点から福祉を学び、福祉専門職として必要な資質や、福祉社会のシステム・制度を設計しマネジメントする能力を養います。

幅広い分野からのアプローチで地域の福祉を考える。

社会福祉学はもちろん、法学や経済学、社会学など、様々な学問分野の視点から福祉を理解し、地域社会の分析手法を学びます。あわせて地域での対人援助についての理論・倫理・技術を身につける科目も配置。3年次には、社会福祉士の国家試験受験資格を目指す社会福祉援助技術現場実習の選択が可能です。地域での学びの経験を踏まえ、4年次に卒業研究に取り組みます。

広く活躍する福祉専門職や地域づくりの専門家に。

福祉専門職(社会福祉士)としての役割を果たすだけでなく、地域を調査・分析し、政策立案や事業計画の策定などマネジメントを担当できる人材を養成します。そのことにより、広く福祉に関連する自治体、医療機関や社会福祉法人、NPO、企業、研究機関などにおいて、福祉専門職として、また地域づくりの専門家として活躍できる人材を育成することを目指しています。

  • 地方公務員(行政職・福祉職)
  • 国家公務員
  • 医療機関(医療ソーシャルワーカー)
  • 社会福祉法人職員(社会福祉協議会など)
  • 独立行政法人及び特殊法人職員
  • 一般企業
  • 大学院進学 など