本文へジャンプ

 運動やスポーツを通して人々が健康で生き生きと暮らす社会の実現のためには、地域が一体となって、一人ひとりの豊かなスポーツライフを支えるシステムづくりを考えていかなければなりません。
 「健康スポーツコース」では、人間や健康・スポーツ科学に関する基礎理論の習得と地域でのスポーツ指導や組織運営などの現場を体験しながら、健康な地域づくりのための実践力を養います。

  • 住民のニーズからスポーツ施策を立案し、地域スポーツをプロデュースする公務員。
  • 健康やスポーツのトレンドを先取りした情報や商品を発信・提供する企業人。
  • 体育授業をはじめ、地域と連携した体育行事や運動部活動をリードする教員。
  • 健康プログラムを提案するトレーナーやスポーツクラブのマネージャー。
  • 健康・スポーツ科学を先導する研究者。

 健康スポーツコースの専門科目は、学類共通科目を基礎としながら、「健康とスポーツ」を理解する講義科目(健康体力論、生涯スポーツ論等)とスポーツ科学の学問領域科目(スポーツ社会学、スポーツ生理学等)を学習します。また、より実践的な能力を修得するための健康スポーツ演習、地域でのスポーツ指導や組織運営を体験するインターンシップや実習等の多彩なカリキュラムを構成しています。さらに、コースに開設された専門科目を受講することによって、中学・高等学校の教員免許状(保健体育)が取得できます。

  • 公務員
  • 健康・スポーツ関連企業社員
  • 中学校・高等学校教諭(保健体育)
  • 民間スポーツフィットネスクラブ社員
  • 健康・スポーツNPO職員
  • 大学院進学など