本文へジャンプ

基礎実習(全教員)

地域の環境を体験学習する。

2年次に全員が環境共生基礎実習を履修します。地域の環境に関わる様々なテーマや課題について見学、ヒアリング、実験、文献調査などを行い、体験的に学習することで、環境に対する幅広い関心を育むとともに、3年次以降の専門分野選択に活かします。

食環境学ゼミ(寺沢なお子)

食品栄養素の測定や分析を学ぶ。

私たちが食べている食品のエネルギー(カロリー)や栄養素はどのように調べるのでしょうか。この授業では、人間の生命維持や身体活動に必要となる各種栄養素の測定および食品エネルギー値の算出を行い、食品栄養素分析の実際について学びます。

環境経済論ゼミ(市原あかね)

薪づくりやジビエにも挑戦。

環境経済論ゼミは、主に環境と経済の関わりを学ぶゼミです。経済学の本を読み、地域に出かけ、たくさんの人たちの話を聞き、体を動かし、環境と地域社会と経済の関係を良い方向に転換していく道を探ります。経済学類の仲間と共に学びます。

卒論演習・卒業研究(全教員)

地域環境を学んだ4年間の集大成。

4年次の卒業論文は、環境に対する学習の集大成です。自分でテーマを決め、調査・実験・分析し、論文にまとめます。ゼミの仲間や指導教員との議論も、研究を進める上で重要なこと。卒論で身につけた「やり通す力」は将来大きな支えとなります。